【医療費の現状】医療を変えるために我々患者が知っておくべきこと

医療を変えるために我々患者が知っておくべきこと

医療を変えるために我々患者が知っておくべき医療費のこと

消費税10%、社会保障は報酬の30%。そりゃお年玉総額がこの40年変わらないのも頷けてしまいますが、政府に文句言う以外にやれることがあります。

文句を言ったところで相手は変えられません。
日本の痛み医療は世界から見て2、30年遅れていると言われてますが「何とかせー」って言ってもどうにもならない。我々一般人、患者が変わらないと変わりようがないのであります。

知らずにしている?税金の無駄遣い

税金や社会保障が上がって文句を言う人に比べ、それらの使われ方など現状を把握している人があまりに少ないと思うのですがどうでしょう。たった数千万円の桜を見る会にキャンキャン言うのに、日本の税収が幾らでどこへ還元されているのか知らないのはちょっと恥ずかしい。
いやもちろん私物化はダメです。たとえ数千万円でも公の利益になるよう使って欲しいですね。

桜を見る会だけじゃない税金の無駄遣い

医療費の現状

厚生労働省、平成29年度国民医療費の概況(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/17/index.html)よりデータを頂戴しますと、国民の医療費合計は43兆710億円です。多いのか少ないのかピンときませんが、前年から1兆円も増えてると言われたらその異常さに気付くはず。同じ1年間で人口は22万7千人減ってるのに1兆円増えるって・・・。高齢化の影響なのかも知れませんけれどそれにしてもちと解せません。

医療費合計の内、患者たる我々が窓口で払っている患者負担金は諸々合わせて5兆2881億円。
日本は国民皆保険だから残りの38兆円は健康保険でしょ?と思う人がいるかもしれませんが年金同様とっくに崩壊しているのが健保。事業主被保険者も合わせて21兆2650億円は保険で補えていますが残りの16兆5181億円はいわゆる税金。国庫から10兆8972億円、地方から5兆6209億円が、不足している医療費の穴埋めとして補填されてるのが現状です。

ちなみに同じ平成29年、国の税収は58兆7875億円。内11兆円近くも医療費に充てがわれてるとは随分無駄遣いな気がするんですけどね。

これだけの税金を補填して実際に病気が治り健康を取り戻した人がどれほど居るのか。元気になってまた働いて税金を収めてくれたらサイクルできそうにも思えますけど、働き盛りの人ってのはあんまり病院に行かないですわな。

医療費内訳

同じく厚労省まとめ平成29年度国民医療費の概況よりデータを見ますと、医療費合計の内1番多いのが循環器系疾患で6兆789億円
循環器系とは心臓や血管を指します。ぶっちゃけ、病気と言って良いのかわからない生活習慣病の高血圧などもココに含まれます。病院行って「高血圧が治った」なんて聞いたことないですけど。

2番目が悪性新生物(癌)で4兆3766億円
死因ではいまだトップに君臨していますが医療費では2位。

3番目に【筋骨格系および結合組織の疾患】というのがランクインして2兆4456億円
で、この【筋骨格系および結合組織の疾患】という聞き慣れないのは一体ナニかとググってみたら、なんともまぁ凄まじく沢山の病名?が出てきてウケました。

まったく、何でもかんでも病気にしたがるなぁ。治せたのか聞きたいw
きちんとした病名がついているものもありますがかなりのレアケース。【筋骨格系および結合組織の疾患】という難しい言葉でごまかされそうになりますが、コレの大半は筋肉由来の単なる腰痛・肩こり・膝痛だと解釈するのが賢明でしょう。

筋肉を無視している日本の標準医療だと85%は【原因不明】扱いになるヤツです。そこに2兆4456億円!

腰やら膝やらが痛いと病院で訴えれば、レントゲンとかMRIとか画像検査をしますよね、アレ、高いんですよ。で、原因がわからななくても痛み止めとか湿布とか処方されますよね。湿布の処方は年間54億枚。1300億円の医療費が投下されてるんだそうです。湿布なんて大半ゴミ箱行きじゃないですか?税金ですよ、ソレ。

患者が医療を変え、国民が国を変えるのだ

標準医療でちゃんと原因がわかってきちんと治療できるものに医療費使うのはもちろんアリですけど、こと筋骨格系の痛みにかんしては普通の整形外科に行っても85%は原因不明で治療らしい治療はしてもらえませんから、みんなもっと自由診療の代替医療や民間療法(整体ね)を利用しましょう。2兆円も医療費削減できます。

小学生まで医療費無料とか母子家庭は無料とかありがたい助成制度がありますけど、窓口での支払いが免除されるだけで病院には皆の税金から医療費が支払われてるってことを肝に据えましょう。

薬局で薬や湿布買うよりも病院行ったほうが安いからとか、せっかく健康保険払ってるんだからとか、そんな理由で気安く保険使ってると、すでに報酬の30%も支払っている社会保険料がまた知らぬ間に値上がりしたり、上がったばかりの消費税がまた上がるかも知れませんよ。

政治家先生の無駄遣いをアレコレ言う前に、国民一人ひとりが税金の無駄遣いをやめましょうね。

医療費の無駄遣いしてない?

日本の医療は誰のためにあるか

標準医療のお医者さんをディスってるわけではありませんので念の為。
国民100万人あたりのMRIやCTなど画像検査機器保有台数はダントツで世界一なのが我が国日本。高額な機器を設置したらお医者さんだって元を取らなきゃやってけませんからある意味お医者さんも被害者です。

ぶっちゃけ日本の医療は製薬会社と医療機器メーカーの為にある。

そんな状況を変えるべく我ら一般人の患者が変わりましょう。
不必要な検査は断る。抱き合わせの胃薬は断る。そもそも筋骨格系の痛みだったら整形外科を選択から外す。

相手を変えることは出来ません。変えられるのは自分だけです。
期待するから腹が立つ。人に期待せず自分に期待して小さな事から変えていきましょう。
患者から医療改革、国民から政治改革。静かなるクーデターを起こすのじゃ。

気まぐれ更新を見逃さないようフォローする

書いている人

パンチ伊藤
あっとう言う間に整体師歴17年。現役で施術する傍ら小さな整体塾を主宰しています。当たり前な解剖生理と簡単な物理を繋いだわかりやすい身体の話が得意。釣り/山/島/音楽/映画/生きもの全般/が好きです。

■整体で開業目指すなら手力整体塾
■詳しいプロフィールはこちら
■伊藤への施術依頼はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です