踵(かかと)がバリっと裂けるように痛いのは【ふくらはぎのコリ】です

手力整体塾@からだ応援団のパンチ伊藤です。
結構多くの人が体験している踵が裂けるような痛み。「手術」なんて提案をされることもあようですが、ほとんどの人は特に何もせず解消しているのが事実だと思います。
一体全体、なんでそんな事が起こるんでしょうか?ワタクシの体験も含め考察してみます。

足を着くと踵が裂けるように痛い

20年ほど前、某整体スクールを卒業してから師匠の元で修行をしていた際に、バリっと踵が裂けるような痛みに襲われました。

駆け出しといえども整体師ですから、どんな時に痛いのかどんな時に痛くないのかを冷静に考察して2週間ほどで解消しましたけれど、身体の知識が何もない状態だったら心配になって病院へ行き、言われるままの治療や対処法を行っていたことと思います。

ちなみに、自分で行った処置はフクラハギのほぐしとストレッチだけ。

ふくらはぎのストレッチは2種類です
ふくらはぎのストレッチ二種

前職は運ちゃんだった人が急に整体師になって、1日8時間前かがみで(つまりつま先で地面を押して)施術していたから、フクラハギが変化に対応できなったんだと思われます。

フクラハギのほぐしとストレッチで解消するのに病院へ行ったら足底ナントカカントカと言われ、場合によっては手術まで提案される現実に驚くやら呆れるやらです。

矛盾だらけの医療・民間療法

足(脚)のトラブル解消は踵がキー

足底ナントカカントカ

痛みは感覚なのでレントゲンなどの画像には決して映りません。なのに現代医療は画像に頼りっきりで、加齢などに伴う器質的な変性を痛みの元であるかのようにやり玉に挙げます。

痒みはどこが痒くても痒みなのに、痛みだけ色んな原因があることを疑問に思ったほうが良いです。

ちなみに、踵が裂けるように痛くなった場合、現状の医療では以下のような処置を行ったり対処法を指導されたりします。

踵を着くと痛い→着かないようにする?

「踵を接地すると痛いんだから着かなきゃよくね?」とばかり、物凄い小さな室内履きのスリッパを買わされたクライエントさんが居ました。

確かに痛みは避けられるのかもしれませんが、ずっと踵を浮かしてつま先で地面を押していたらフクラハギのコリはどんどん強固なものになっていきます。臭い物に蓋をして器の中でドンドン臭くなっている状態です。

踵を着くと痛いからって着かないようにするのではなく、無理なく着けるようにする。そのために必要なのはフクラハギの柔軟性なのです。簡単すぎて素通りされていますがね。

タオルギャザー伝説

「立ちすぎ・歩きすぎで足底の筋腱に炎症が起きている」という理屈をこねておきながら「足底の筋を鍛えましょう」というのが、なんとも不思議な現状のスタンダードです。

炎症が起きるのは必要以上に頑張った証。
そんな頑張ったところへ更にムチを打ち鍛えようというのは、全く理にかなっていません。

右手で荷物を持って手が痛くなるからって右手鍛えますか?
怠けているやつを放っておいて仕事できる人に仕事頼みますか?

土踏まずが落ちてきているから・・・・と言うならまず自分の足で確かめてみてください。足でグーした時に土踏まず上がりますか?趾を反らせてパーした時の方が土踏まず上がりませんか?

足底ナントカカントカにしろ土踏まず再生にしろ、タオルギャザーは全く不必要。鍛えるなら真反対、趾の伸筋や足首の伸筋、前脛骨筋に代表されるスネの筋を鍛えましょう。

良かれと思っても邪魔している可能性があります

切り傷は放っておいたらいつしか治ります。
足底ナントカカントカもその他の炎症(と言われるもの)も同じだと思います。
いつまで経っても痛いのは、治らないように治らないように余計なことをしている可能性があるわけです。

畑の隅で勝手に生えて勝手に茂ったトマトが赤くなりました

我がからだ応援団の畑の隅で勝手に生えて勝手に茂って勝手に赤くなったトマト。ちゃんと播種して支柱を立てて脇芽を欠いて育てたトマトは早々に弱ってとっくに片付けたのに、何も手をかけず放任していたヤツは10月終盤の今もまだ青々と茂って身を色づかせているのを見て、「やっぱり人間て余計なことばかりしてるんじゃないかしら」と思った次第。人間が頭で考えて「良かれ」と思うことなんて、自然の摂理からしたらちゃんちゃらおかしいんでしょうね。

だけどコントロールしたくなっちゃう。ニンゲンダモノ。

そんな自我を抑えつつ自然の一員でいたいと思う私パンチ伊藤。釣りも畑も山歩きも自然との繋がりを確かめるためなのでります。

そもそも人間は踵を接地する『蹠行』が自然な歩き方です。みなさんつま先で地面を押し過ぎ。足底ナントカカントカ再発を予防するためにももっと踵使いましょうね。

最後まで読んでくれた方へお願い

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ワタクシのような一般人がいくら頑張って発信しても、この手のブログは検索上位に表示されないアルゴリズムになっています。(上位は病院や公的機関だけ)
難しい傷病名や複雑な治療法が欲しい人は別として、当たり前な事実からなるちゃんと解消する手段が欲しい人へ届くように、SNSなどで是非シェアをしていただけると嬉しいです。
踵の痛みに悩む人が1人でも多く救われますように。

気まぐれ更新を見逃さないようフォローする

書いている人

パンチ伊藤
あっとう言う間に整体師歴19年。現役で施術する傍ら小さな整体塾を主宰しています。当たり前な解剖生理と簡単な物理を繋いだわかりやすい身体の話が得意。釣り/山/島/音楽/映画/生きもの/が好き。2020年から自然農の畑やってます。

■整体の知恵で開業を目指すなら手力整体塾
■詳しいプロフィールはこちら
■伊藤への施術依頼はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です