歩き方論争にとどめ!「親指で蹴る」は間違いだった!?【人間はカカトを接地して蹠行する動物】です

パンチ伊藤です。私が主宰する手力整体塾の教室で「靴下はカカトから擦り切れる」という人がいたので歩き方について改めて話し合ったことをシェアしておきます。歩き方論争にとどめを刺す内容ですよ!

「拇指(おやゆび)で蹴る」のは間違い?!歩き方の事実【蹠行】

人間は蹠行する動物です

重力が存在する地球上において物理的に無理のない姿勢というのは存在しますが、いつでもどこでもその姿勢でいられるわけではないので、普遍的に正しい姿勢というものは存在しません。

その時その場所で最良の姿勢になれてこそ【整体】であって、直立したときの姿勢だけ理想に近づけても【整体】には程遠いわけです。

同じように『歩き方』にかんしても普遍的に正しいものはありません。
アスファルトで覆われた平らな道をただ真っ直ぐ前に向かって歩くだけなら正解があるのかも知れませんが、階段も凸凹も横にも後ろにも歩けるのが人間。姿勢と同様にその時その場所で最良と思われる歩き方へ自然にシフトできてこそ【整体】であるといえます。

「自分の歩き方がなんかおかしい」
そうやって気づくのは良いことだと思いますけど、正解を求めて検索に明け暮れても無駄だということです。

「歩けば歩くほど何処か痛くなる」「靴底が偏って磨り減る」「どうにも歩き方がわからない」。そんな風に思ったら、強制的に色んな歩き方をさせられる山道がおすすめです。非常事態宣言も解除されましたから、圏内のお山なら自粛警察にヤイヤイ言われることも無いでしょう。

歩くほどに靴下のカカトが擦り切れる

靴下もストッキングもいつも決まってカカトらか擦り切れてくるのは、前に出している足の付き方に癖がるものだと本人は思っていたようですが、カカトが擦れるシチュエーションを冷静に見直してみれば、後ろの足に原因があるのがわかります。

ワタクシ自身も、ちょっと大き目で足首やソールの部分が固く動きが阻害される防寒ブーツを履くとカカトが擦り切れることがあります。スレに弱いウールの靴下だとてきめんです。

靴の中でカカトがパカパカ動い靴下が擦れる。靴に原因な場合もあるわけですが、後ろ足のカカトが地面から離れるのがそもそも早過ぎる人が多いような気がします。

あ、靴下のカカトを守りたいのであれば、逆にずっとつま先だけで歩けば守れます。靴の中でカカトが擦れなければ良いわけですからね。

歩く=重心の移動

お悩みの方が多いので、歩行に関するブログは過去にも色々と書いています。

歩き方にかんする情報は実に沢山溢れていますが、唯一明確なことは【歩く=重心の移動】であるという事。そして重心を動かすのはいつも決まって伸筋群の役目だと言うことです。
例えばスクワット

重心を上下に動かすのは上げる時も下げる時も伸筋群が収縮します。
スクワットに限らず、階段でも坂道でも椅子に座る時でも立ち上がる時でも全て伸筋群で重心を動かすのです。

【歩く】【走る】も同様、重心を動かすのは伸筋群の役割になります。

後ろ向きに歩いたり懸垂したりすると屈筋群でも重心を動かせますが、通常は【抗重力筋】にあたる伸筋群が重心を動かすと理解しておけば良いでしょう。

抗重力筋
赤は屈筋群、青が伸筋群(抗重力筋)

「歩くときは拇指で地面を蹴る」という情報がとても目立つ世の中ですけれど、その情報ばかりに偏ると屈筋群で歩くことになります。カカトは早々に地面から離れ靴下は擦り切れ、股関節の可動が減った分膝関節が沢山動いて壊れやすくなります。

A.しっかり最後までカカトで地面を押して歩くと膝関節も股関節もしっかり伸展する。腰からはじまっている脚を感じることもできる。

B.拇指で地面を蹴ることだけ考えるとカカトが早々に地面から離れ膝も曲がる。股関節は伸展しなくても歩けてしまう。

Aが伸筋歩きで、Bは屈筋歩きともいえます。屈筋歩きは、加齢と共に屈筋ばかりが優位になってどこもかしこも伸ばせなくなる要因のひとつでしょう。

母趾で地面を蹴るのは本当に最後の最後。重心を移動するためではなく脚そのものを前に運ぶための動作です。母趾で蹴る(底屈)とほとんど同時に、膝関節が曲がり一瞬遅れて股関節が曲がりだします。底屈は膝を曲げるためのスイッチ。伸筋群のスイッチを切るスイッチとも言えます。

歩行時の下肢連動

★.→カカトで地面を押す→膝伸展→股関節伸展→
☆.→母趾で蹴る(底屈)→膝屈曲→股関節屈曲→

便宜上矢印を付けましたがほとんど同時に起こる動作です。
★と☆を繰り返しながら重心を前に運んでいくことが【歩く】という行為なのであります。

人間は蹠行動物です

陸上で生活する哺乳類はその歩き方から【蹠行・趾行・蹄行】と分類され、踵を接地して歩く我々は蹠行動物に当たります。

何故我々人間が蹠行を選んだのか?趾行・蹄行との違いはなんなのかなどは↑を読んでもらうとして割愛しますが、【蹠行してください】と取説に記載されているわけなので、しっかり蹠行していないとパフォーマンスが下がってアチコチ壊れやすくなるということは容易に想像が付くと思います。

なるべくカカトを地面から離さずに歩くことは、かの甲野善紀先生も「互の目歩き」という名称で提唱されています。

なるほど、こうやって歩けばカカトだけが地面から早々に離れることはありません。

高い段差やとても急な下り坂では、皆無意識に横を向いたり後ろを向いたりすると思いますが、「カカトを地面につけておきたい」という本能が働くのでしょう。究極の状態なら、誰でもきっと体の声が聴こえるんですね。

ちなみに、つま先が少しでも内側を向いていると、足首の可動域に制限が掛かるのでカカトは早々に地面を離れます。しっかり蹠行するならつま先は外です。

まとめ

外反母趾、内反小趾、膝痛、O脚、X脚、股関節痛・・・e.t.c.
下肢に現れる不都合のほとんどが【人間は蹠行です】という取説を無視した結果だと思います。
靴底の片減りや靴下のカカト擦り切れなども同様、取説を守っていたら防げるはずです。

大切なのでもう一度。【人間は蹠行】です。

めちゃくちゃ底屈したままになるハイヒールでも美しく歩ける人はいますが、飽くなき【美】への欲望がなせる技だということを忘れずに。
下から2本の肋骨を取り除いてコルセットはめたり内股にして弱々しさを演じてみたり無謀なダイエットに励んでみたり・・・【美と健康】を天秤に掛けている女性は結構多いんじゃないでしょうか。

私のようなオジサンは【健康だったら美しい】【健康じゃなきゃ美しくない】と思うんですがね。

手力整体無料体験

当たり前の解剖生理と簡単な物理で本質まで掘り下げた理論は全ての人の役に立ちます。
【整体の知恵をそれぞれの個性で活かせるように】
それが手力整体塾の思いです。

気まぐれ更新を見逃さないようフォローする

書いている人

パンチ伊藤
あっとう言う間に整体師歴17年。現役で施術する傍ら小さな整体塾を主宰しています。当たり前な解剖生理と簡単な物理を繋いだわかりやすい身体の話が得意。釣り/山/島/音楽/映画/生きもの全般/が好きです。

■整体で開業目指すなら手力整体塾
■詳しいプロフィールはこちら
■伊藤への施術依頼はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です